★やってみた★ミュージカル歌詞内のあれこれ♪

ミュージカルの英語歌詞内に書かれているあれこれを、実際に試して記事にしています。書かれていることを試すことで、ミュージカルへの愛着や理解度がぐっと深まりますよ。気になるという方は、是非チャレンジしてみて下さいね★

【飲んでみた!】Phoebusが女性の幸せに例えた「メルローのぶどう」を使った赤ワイン (6)メルロー コーラ

今回チャレンジするのは、ミュージカル“ノートルダムの鐘”より1シーン。戦場からパリへ戻ったPhoebus(フィーバス)は娼婦達に体を求めます。そんな時に出てくるのが、“Your grapes of Merlot(メルローのような君のぶどうを)”という歌詞です。メルローとは赤ワインに使われるぶどうの品種。Phoebusが「女性の幸せ」を「メルローのぶどう」と表現したくなった気持ちを知るために、メルローを使った赤ワインを飲んで確かめてみようと思います。この記事では、赤ワインカクテル「メルロー コーラ(MERLO COLA)」の感想をお伝えしますよ。

続きを読む

【飲んでみた!】Phoebusが女性の幸せに例えた「メルローのぶどう」を使った赤ワイン (3)ヴァルグラン プレミアム ルージュ

今回チャレンジするのは、ミュージカル“ノートルダムの鐘”より1シーン。戦場からパリへ戻ったPhoebus(フィーバス)は娼婦達に体を求めます。そんな時に出てくるのが、“Your grapes of Merlot(メルローのような君のぶどうを)”という歌詞です。メルローとは赤ワインに使われるぶどうの品種。Phoebusが「女性の幸せ」を「メルローのぶどう」と表現したくなった気持ちを知るために、メルローを使った赤ワインを飲んで確かめてみようと思います。この記事では、赤ワイン「ヴァルグラン プレミアム ルージュ (VALGRAND Premium Rouge)」の感想をお伝えしますよ。

続きを読む

【飲んでみた!】Phoebusが女性の幸せに例えた「メルローのぶどう」を使った赤ワイン (2)ワインの紹介

今回チャレンジするのは、ミュージカル“ノートルダムの鐘”より1シーン。戦場からパリへ戻ったPhoebus(フィーバス)は娼婦達に体を求めます。そんな時に出てくるのが、“Your grapes of Merlot(メルローのような君のぶどうを)”という歌詞です。メルローとは赤ワインに使われるぶどうの品種。Phoebusが「女性の幸せ」を「メルローのぶどう」と表現したくなった気持ちを知るために、メルローを使った赤ワインを飲んで確かめてみようと思います。この記事では、赤ワインの種類について紹介しますよ。

続きを読む

【飲んでみた!】Phoebusが女性の幸せに例えた「メルローのぶどう」を使った赤ワイン (1)メルローを知る

今回チャレンジするのは、ミュージカル“ノートルダムの鐘”より1シーン。戦場からパリへ戻ったPhoebus(フィーバス)は娼婦達に体を求めます。そんな時に出てくるのが、“Your grapes of Merlot(メルローのような君のぶどうを)”という歌詞です。メルローとは赤ワインに使われるぶどうの品種。Phoebusが「女性の幸せ」を「メルローのぶどう」と表現したくなった気持ちを知るために、メルローを使った赤ワインを飲んで確かめてみようと思います。この記事では、メルローについて紹介しますよ。

続きを読む

【食べてみた!】MungojerrieとRumpelteazerが盗んだ骨付き肉 (1)Argentine jointを知る

今回チャレンジするのは、ミュージカル“CATS”よりMungojerrieとRumpelteazer(マンゴジェリーとランパルティーザ/小泥棒)の1シーン。彼らが夕食時にオーブンに入った骨付き肉を盗むという事件が発生します。その肉はなんと骨付き肉で“Argentine joint”といい、いわば「アルゼンチン風骨付き肉」です。今回は、小泥棒2匹が盗みたくなる骨付き肉がどんなものなのか食べてみることにします。

続きを読む

【飲んでみた!】Gusが飲むと出演の自慢をしてしまうジン (1)ジンの種類を知る

今回チャレンジするのは、ミュージカル“CATS”よりGus(ガス/劇場猫)の1シーン。彼にほんの一口ジンをやると、“East Lynne(イースト・リン邸)”に出演したことを自慢するようです。ジンを飲んだことがないので、今回は“East Lynne(イースト・リン邸)”を読みながらジンを飲んでみようと思います。この記事では、イギリスの代表的なジンを紹介しますよ。

続きを読む

【食べてみた!】ドレミの歌「シ」の音で歌われている紅茶の愉しみ方 (3)パンの紹介

今回チャレンジするのは、ミュージカル“The Sound of Music”より“Do-Re-Mi(ドレミの歌)”の1シーン。音楽の「お」の字も知らないトラップ家7人の子どもたちに、Mariaが優しく楽しく音楽の「いろは」を教えていきます。「シ」の音は英語歌詞で「Ti(ティ)」と発音され、“Ti, a drink with jam and bread(ティはジャムとパン一緒に愉しむ飲み物)”とMariaにに説明されています。…というわけで、「紅茶+ジャム+パン」のひとときを、全てオーストリア産の製品で愉しんでみようと思います。今回はパンについて紹介しますよ。

続きを読む