やってみた!ミュージカル歌詞内のあれこれ

体感することで生まれる感動と発見は、あなたをミュージカルのより深い世界へ誘います…

読んでみた!

『オペラ座の怪人』の原作を読んでみた

ミュージカル『オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)』はガストン・ルルーというフランス人作家の小説です。ミュージカル好きの方であれば、作品の名前は知っていると思いますが、その内どれだけの方が小説を読んだ事があるでしょうか?私は原作があ…

『オペラ座の怪人』をフランス語で読んでみた

ミュージカル『オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)』は、フランス人作家ガストン・ルルーの作品が元になっています。ミュージカル自体がとても人気で有名なので、もとは小説であったという事を知らない方も多いかも知れません。今回は、簡単なフラ…

デュトロノミーの名前の由来、旧約聖書の「申命記」を読んでみた

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Old Deuteronomy(デュトロノミー – 長老猫)”の名前は、どうやら旧約聖書と関係があるということが分かりました。『旧約聖書』の「申命記」こそが“Deuteronomy”を意味しているのだそうですが、その申命記とは…

『RENT』の“Over the Moon”は、『マザーグース』が元になっていた!?

ミュージカル『レント(RENT)』より“Over the Moon”は、有名な童話集『マザーグース』の中“Hey Diddle Diddle”が元になっていることが分かりました。 元となっている詩と『レント』の関係性を見ていきましょう。

『ハミルトン』とラップ、そして政治との関係がよく分かる本

ミュージカル『ハミルトン』の曲を聴いた方はもうとっくにご存知のことと思いますが、このミュージカルはほとんどの音楽がラップで構成されています。 リズムが良くて、スピードがあって、かっこよくて、しびれてしまう曲の数々ですが、そもそもラップとはど…

ミュージカル『キャッツ』好きなら、絶対に読んでおきたい絵本

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』。その原作がT.S.エリオットの『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』だということは、皆さまご存知のことでしょう。しかし、それとは別に『袋鼠親爺の手練猫名簿』という絵本があるのをご存知でしたか?…

劇場猫のガスにゆかりのある、3つの劇場とは?

劇団四季ミュージカル『キャッツ』に登場する“Gus:The Theatre Cat(ガス - 劇場猫)”。英語歌詞内では、2人の有名な英国人俳優と共に共演したんだとガスが自慢気に歌っています。彼らについて知ることで、なぜガスが彼らと演じたことを誇りに思っているか…

u/s、standbyとは? PLAYBILLの見方を『ハミルトン』で解説

ブロードウェイの劇場で手渡される冊子PLAYBILL(プレイビル)。もっと大きいものを想像していましたが、コンパクトなサイズで持ち運びにとっても便利なサイズでした。 その冊子を構成するほとんどのページがブロードウェイ作品の宣伝や紹介記事ですが、PLAY…