★やってみた★ミュージカル歌詞内のあれこれ♪

ミュージカルの英語歌詞内に書かれているあれこれを、実際に試して記事にしています。書かれていることを試すことで、ミュージカルへの愛着や理解度がぐっと深まりますよ。気になるという方は、是非チャレンジしてみて下さいね★

ハミルトンも食べていた?(6)Baked Whole Whitefishを味わおう!

ミュージカル『ハミルトン』の虜になった方は、この日本でどれくらいいらっしゃるでしょうか?日本で公演がされていない分、恋い焦がれて、想いが募って、禁断症状が出ている方も少なくないでしょう。

何を隠そう、私もその1人です(笑)。

そんな私はつい最近、自分にとって最高の本を見つけました。ハミルトンが生きた時代にどんな料理が食べられていたのかが、100ページ強でまとめられている本です。

この本を見つけた時は衝撃が走りました!

ミュージカル『ハミルトン』に夢中になり、ハミルトンのことならば何でも知りたいこの私は、料理が好きで、食べることも大好きなのです。

これは作って食べてみるしかないっ!ということで、 今回はBaked Whole Whitefish(白身魚の丸焼き)をご紹介しますよ。

 

目次:

f:id:love-performing-arts:20180524082014j:plain

"THE HAMILTON Cookbook ~Cooking, Eating & Entertaining in Hamilton's World"

この本は第1~6章構成で、ハミルトンやアメリカの歴史、料理の歴史、そして22種のレシピが掲載されています。

全ページ英語の本ですが、『ハミルトン』好きの方には是非オススメしたい1冊です。

 

第6章、"Original & Adapted Recipes(オリジナル&改作レシピ)"では、8つのジャンルに分けてレシピを紹介しています。

 

  1. Breakfast & Breads(朝食とパン)
  2. Soups(スープ)
  3. Fish & Seafood(魚とシーフード)
  4. Meats(肉)
  5. Vegetables(野菜)
  6. Salad(サラダ)
  7. Sweets(スイーツ)
  8. Beverages(ドリンク)

 

今回は、3. Fish & Seafood より、"Baked Whole White Fish"をご紹介しますよ。

 

Baked Whole Whitefish(白身魚の丸焼き)

難易度:★☆☆
味:★★☆
※いずれも個人的見解

“turbot(ターボット)”という魚の料理なのですが、どういう魚なのでしょうか?

 

This recipe, originally written for turbot (a flat fish similar to flounder), works well with any similar-sized white, mild, and flaky white fish (e.g. black bass, branzino, or trout)
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.78)

 

ターボットとは、カレイに似た魚の一種だそうですが、同じようなサイズの白身魚であれば問題ないそうです。例えば、ブラックバス、シーバス、カレイでも良いということでしたので、今回はカレイで作ることにしました。

 

レシピの紹介

このレシピはオリジナルではなく、次の改作だそうです。

 

Adapted from "To Make a Turbot", Hannah Glasse, The Art of Cookery Made Plain and Easy.
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.78)

 

Hannah Glasse(ハンナ・グラッセ)著、"The Art of Cookery Made Plain and Easy(シンプルで簡単な調理法の芸術)"の中の"To Make a Turbot(ターボットを料理するには)"より…とあります。

恐らくこの本ではないでしょうか。

 

作る前に

「こうやって作るとより良い」ということがレシピの序盤に書いてありましたので、必要な部分だけ見ていきますね。

 

She suggests serving this fish cold, but I prefer it hot
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.78)

 

ハンナ・グラッセはこの料理を冷やした方がオススメだと書いているそうですが、この本の著者ローラ・クミンは温かい方がオススメだと書いています。

それぞれどのように味が異なるのか比較したいので、温かいものと冷やしたものと両方試してみようと思います。

 

材料

"Serves 2"とあったので、以下の材料で2人前が出来上がります。

 

  • Whole, mild white fish about 2+1/2 to 3 pounds scaled, gutted, and fins removed. optional; Ask the fish store to remove the head and tale. Depending on the type of the fish, you may need two smaller fishm each 1+1/4 to 1+1/2 pounds.
  • 1 cup dry white wine (enough to go about 3/4 of the way up the fish when it is plaed in a pan), plus a splash for sauce.
  • 1 tablespoon minced parsley
  • 1+1/2 tablespoons unsalted butter, divided
  • 1 tablespoon all-purpose flour
  • 1/4 teaspoon grond nutmeg
  • 1/2 teaspoon kosher or coarse sea salt
  • freshly ground black pepper
  • 1/2 cup breadcrums, slightly moisted with melted butter
  • lemon slices
    The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.78)

 

それでは1つずつ説明していきます。

 

  • Whole, mild white fish about 2+1/2 to 3 pounds scaled, gutted, and fins removed. optional; Ask the fish store to remove the head and tale. Depending on the type of the fish, you may need two smaller fishm each 1+1/4 to 1+1/2 pounds.
    白身魚…1匹2+1/2~3ポンド(1,137~1,365g)、うろこ、内臓、ヒレを取り除いたもの(頭と尾も切り落としておく)。魚によっては、1+1/4~1+1/2ポンド(568g~682g)を2匹
  • 1 cup dry white wine (enough to go about 3/4 of the way up the fish when it is plaed in a pan), plus a splash for sauce.
    →辛口の白ワイン…1カップ(魚にかぶる程度)とソース用に少々
  • 1 tablespoon minced parsley
    →刻んだパセリ…大さじ1
  • 1+1/2 tablespoons unsalted butter, divided
    →無塩バター…大さじ1+1/2を細かくしたもの
  • 1 tablespoon all-purpose flour
    →小麦粉…大さじ1
  • 1/4 teaspoon grond nutmeg
    ナツメグ(粉)…小さじ1/4
  • 1/2 teaspoon kosher or coarse sea salt
    →塩…小さじ1/2
  • freshly ground black pepper
    →ブラックペッパー
  • 1/2 cup breadcrums, slightly moisted with melted butter
    →パン粉…1/2カップを溶かしたバターで少し湿らせたもの
  • lemon slices
    →スライスしたレモン

 

kosherとは恐らくこの商品のことだと思われますが、 ここでは単純に「塩」と紹介しています 。

 

アメリカの単位

この本を読む上で一番難しかったのは、単位です。

日本で何不自由なく使っているcm、ml、g、cc、℃などは、この本で一切使われていません!その代わりに使われているのはinch、oz、lb、°F…など、アメリカ独特の単位。

とーっても分かりづらいので、今回出てくるものを分かりやすく換算しておきましょう。

 

  • 2+1/2~3 pounds…1,137~1,365g
  • 1+1/4~1+1/2 pounds…568~682g
  • 425 °F…220℃

 

ちなみにこの本のp.123に換算表が載っているのでご安心を!

 

Baked Whole Whitefishの感想

今まで試した他のアメリカ料理よりも、複雑な味がする...。見た目も味もフランス料理のような上品でした。

カレイはかなり淡白なので、バター、レモン、白ワインの味が前面に出てくるような感じのお味でした。

出来上がりすぐに頂くと、カレイの身がふわっとしていて、とろけるバターによく絡むような印象でした。バターと白身魚の組み合わせが苦手な方には、その香りがちょっときつめに感じるかもしれませんが、とてもお洒落な見た目なので、おもてなしに向いています。

冷やして翌日に食べてみると、全体的に味が落ち着き、私はこちらの方が好きでした。バターの香りも抑えられ、身も締まり、とてもさっぱりとしています。ソースも一緒に冷やしてしまうとバター部分が固まるので、一度電子レンジなどで温めてから、冷蔵庫で粗熱をとって頂くと良いですよ。

 

★『ハミルトン』の歌詞解説はこちらから。

★ニューヨークの旅行日誌はこちらから。