★やってみた★ミュージカル歌詞内のあれこれ♪

ミュージカルの英語歌詞内に書かれているあれこれを、実際に試して記事にしています。書かれていることを試すことで、ミュージカルへの愛着や理解度がぐっと深まりますよ。気になるという方は、是非チャレンジしてみて下さいね★

ハミルトンも食べていた?(8)Beef a la Modeを味わおう!

ミュージカル『ハミルトン』の虜になった方は、この日本でどれくらいいらっしゃるでしょうか?日本で公演がされていない分、恋い焦がれて、想いが募って、禁断症状が出ている方も少なくないでしょう。

何を隠そう、私もその1人です(笑)。

そんな私はつい最近、自分にとって最高の本を見つけました。ハミルトンが生きた時代にどんな料理が食べられていたのかが、100ページ強でまとめられている本です。

この本を見つけた時は衝撃が走りました!

ミュージカル『ハミルトン』に夢中になり、ハミルトンのことならば何でも知りたいこの私は、料理が好きで、食べることも大好きなのです。

これは作って食べてみるしかないっ!ということで、 今回はBeef a la Mode(ビーフア・ラ・モード/当時流行った牛肉料理)をご紹介しますよ。

 

目次:

f:id:love-performing-arts:20180604195618j:plain

"THE HAMILTON Cookbook ~Cooking, Eating & Entertaining in Hamilton's World"

この本は第1~6章構成で、ハミルトンやアメリカの歴史、料理の歴史、そして22種のレシピが掲載されています。

全ページ英語の本ですが、『ハミルトン』好きの方には是非オススメしたい1冊です。

 

第6章、"Original & Adapted Recipes(オリジナル&改作レシピ)"では、8つのジャンルに分けてレシピを紹介しています。

 

  1. Breakfast & Breads(朝食とパン)
  2. Soups(スープ)
  3. Fish & Seafood(魚とシーフード)
  4. Meats(肉)
  5. Vegetables(野菜)
  6. Salad(サラダ)
  7. Sweets(スイーツ)
  8. Beverages(ドリンク)

 

今回は、4. Meats より、"Beef a la Mode"をご紹介しますよ。

 

Beef a la Mode(ビーフア・ラ・モード/当時流行った牛肉料理)

難易度:★★★
味:★☆☆
※いずれも個人的見解

 

レシピの紹介

このレシピはオリジナルではなく、次の改作だそうです。

 

Adapted from "Beef a la Mode in Pieces", Hannah Glasse, The Art of Cookery Made Plain and Easy.
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.85)

 

Hannah Glasse(ハンナ・グラッセ)著、"The Art of Cookery Made Plain and Easy(シンプルで簡単な調理法の芸術)"の中の"Beef a la Mode in Pieces(当時流行った一口大の牛肉料理)"より…とあります。

恐らくこの本ではないでしょうか。

 

作る前に

「こうやって作るとより良い」ということがレシピの序盤に書いてありましたので、必要な部分だけ見ていきますね。

 

Adding carrot, potato, turnip, and/or parsnip chunks cooked separtately or added during the last 20 to 30minutes of simmering, turns this dish into an appetizing one-pot dinner.
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.85)

 

にんじん、じゃがいも、かぶ、もしくはパースニップを切ったものを別々に調理するか、煮込みが完了する最後の20~30分に加えることで食欲をそそる夕食のひと鍋になるとあります。

野菜を入れる場合はタイミングが重要なようですね。

 

単語の説明

料理をする上で、日本では聞きなれない食材や道具などが頻繁に出てきますので、ここでは見慣れない単語の説明と、今回は何で代用したかをご説明します。

 

 

鍋かダッチオーブンで作ると良いとありました。もしお持ちの方は、こちらで作ってみても良いですね。私は持っていなかったので鍋で作りましたよ。
※リンクをクリックすると、画像が見られますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Coleman(コールマン) ダッチオーブンSF 12インチ (170-9391)
価格:9741円(税込、送料無料) (2018/5/22時点)

 

材料

"Serves 6 to 8"とあったので、以下の材料で6~8人前が出来上がります。

 

  • 3 to 4 stripes bacon cut into triangles 1 to 2 inches long and about 1 inch wide, with a point at one end. Freeze until the bacon triangles are hard.
  • Stewing beef such as chunk roast, roughly 2 to 3 pounds
  • 2 tablespoons olive oil
  • 1 quart beef broth or stock
  • 1 medium onion, peeled and thinly sliced
  • 1/4 teaspoon ground mace
  • 2 whole cloves or 1/4 teaspoon ground cloves
  • 1/4 teaspoon ground nutmeg
  • Kosher or sea salt
  • freshly ground black pepper
    The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.85)

 

それでは1つずつ説明していきます。

 

  • 3 to 4 stripes bacon cut into triangles 1 to 2 inches long and about 1 inch wide, with a point at one end. Freeze until the bacon triangles are hard.
    →ベーコン…3~4枚、二等辺三角形に切ったもの(高さ1~2インチ/約5cm、幅1インチ/約2.5cm)を冷凍しておく
  • Stewing beef such as chunk roast, roughly 2 to 3 pounds
    →シチュー用の牛肉…2~3ポンド(910~1,365g)、厚切りにしたもの
  • 2 tablespoons olive oil
    →オリーブオイル…大さじ2
  • 1 quart beef broth or stock
    →牛肉のだし…1L
  • 1 medium onion, peeled and thinly sliced
    →玉ねぎ…中サイズ1個、皮をむき薄くスライスしたもの
  • 1/4 teaspoon ground mace
    →メース(粉)…小さじ1/4
  • 2 whole cloves or 1/4 teaspoon ground cloves
    クローブ…2つ(粉の場合は小さじ1/4)
  • 1/4 teaspoon ground nutmeg
    ナツメグ…小さじ1/4
  • Kosher or sea salt
    →塩
  • freshly ground black pepper
    →ブラックペッパー

 

kosherとは恐らくこの商品のことだと思われますが、 ここでは単純に「塩」と紹介しています 。

 

また、mace(メース)とはこれのことですね。日常的にはあまり使わない調味料ですね。

 

アメリカの単位

この本を読む上で一番難しかったのは、単位です。

日本で何不自由なく使っているcm、ml、g、cc、℃などは、この本で一切使われていません!その代わりに使われているのはinch、oz、lb、°F…など、アメリカ独特の単位。

とーっても分かりづらいので、今回出てくるものを分かりやすく換算しておきましょう。

 

  • 1 to 2 inches…2.5~5cm
  • 1 inch…2.5cm
  • 2 to 3 pounds…910~1,365g
  • 1 quart…1L
  • teaspoon…小さじ
  • tablespoon…大さじ

 

ちなみにこの本のp.123に換算表が載っているのでご安心を!

 

Beef a la Modeの感想

う~ん…これは難しい。

難しいというのは2つ理由があって、1つ目はコーンビーフ(塩漬け牛肉)の塩抜き。2つ目は味の正解が分からないということです。

自分ではかなりしっかりと塩抜きをしたつもりでしたが、完成品はかなりしょっぱかった…。そして、レシピには玉ねぎ以外の野菜については触れられていなかったので、その通りに作ったのですが、そうすると肉だけになってしまって、何となく素っ気ない感じになりました。

日本人が普段使わない塩漬け牛肉の処理に悩むところと、なかなか慣れない味なので、これを料理するのは少しハードルが高いかもしれません。

 

★『ハミルトン』の歌詞解説はこちらから。

★ニューヨークの旅行日誌はこちらから。