★やってみた★ミュージカル歌詞内のあれこれ♪

ミュージカルの英語歌詞内に書かれているあれこれを、実際に試して記事にしています。書かれていることを試すことで、ミュージカルへの愛着や理解度がぐっと深まりますよ。気になるという方は、是非チャレンジしてみて下さいね★

ハミルトンも食べていた?(1)Bread Puddingを味わおう!

ミュージカル『ハミルトン』の虜になった方は、この日本でどれくらいいらっしゃるでしょうか?日本で公演がされていない分、恋い焦がれて、想いが募って、禁断症状が出ている方も少なくないでしょう。

何を隠そう、私もその1人です(笑)。

そんな私はつい最近、自分にとって最高の本を見つけました。ハミルトンが生きた時代にどんな料理が食べられていたのかが、100ページ強でまとめられている本です。

この本を見つけた時は衝撃が走りました!

ミュージカル『ハミルトン』に夢中になり、ハミルトンのことならば何でも知りたいこの私は、料理が好きで、食べることも大好きなのです。

これは作って食べてみるしかないっ!ということで、 今回はBread Pudding(パンプリン)をご紹介しますよ。

 

目次:

f:id:love-performing-arts:20180430184115j:plain

"THE HAMILTON Cookbook ~Cooking, Eating & Entertaining in Hamilton's World"

この本は第1~6章構成で、ハミルトンやアメリカの歴史、料理の歴史、そして22種のレシピが掲載されています。

全ページ英語の本ですが、『ハミルトン』好きの方には是非オススメしたい1冊です。

 

第6章、"Original & Adapted Recipes(オリジナル&改作レシピ)"では、8つのジャンルに分けてレシピを紹介しています。

 

  1. Breakfast & Breads(朝食とパン)
  2. Soups(スープ)
  3. Fish & Seafood(魚とシーフード)
  4. Meats(肉)
  5. Vegetables(野菜)
  6. Salad(サラダ)
  7. Sweets(スイーツ)
  8. Beverages(ドリンク)

 

今回は、1. Breakfast & Breads より、"Bread Pudding"をご紹介しますよ。

 

Bread Pudding(パンプリン)

難易度:★☆☆
味:★★★
※いずれも個人的見解

パンで作ったプリンのレシピです。パンと聞くと食事のような印象を受けますが、甘いのでデザート寄り。フレンチトーストに近いイメージですよ。

 

レシピの紹介

このレシピはオリジナルではなく、次の本の改作だそうです。

 

Adapted from "A Bread Pudding", Amelia Simmons, "American Cookery".
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.65)

 

Amelia Simmons(アメリア・シモンズ)著、"American Cookery(アメリカの調理法)"の中の"A Bread Pudding(パンプリン)"より…とあります。

恐らくこの本ではないでしょうか。

 

作る前に

「こうやって作るとより良い」ということがレシピの序盤に書いてありましたので、必要な部分だけ見ていきますね。

 

The better the bread, the better this bread pudding. I use a country white or sourdough with a nice crust. (中略) Fabulous with a dollop of whipped cream or ice cream for dessert, this bread pudding is also delicious cold or re-heated for breakfast.
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.65)

 

パンが良ければ良い程、良いパンプリンが作れるとあります。このパンプリンはパンの耳がしっかりしているものの方が良いようなので、そういったタイプの食パンを見つけると良さそうです。

また、"country white"という記載がありますが、これはどうやら商品名のようですね。

 

あー、なんだか海外のホテルの朝食に出てきそうなパン!食パンのようですが外皮がしっかりとしている印象です。日本では買えないのかしら…?

もしかしたら輸入商品を扱うようなお店にはあるかもしれませんが、ひとまず今回は食パンで作ってみることにしましょう。

 

材料

"Serves 4 to 6"とあったので、以下の材料で4~6人前です。

 

 

それでは1つずつ説明していきます。

 

  • 1/2 pound crusty bread cut into small chunks (about 1/2 - to 1-inch or cubes)
    →1/2~1インチ(2.5cm前後)のサイコロ型に切った(食パン1枚16等分)、外皮が固めのパン…1/2ポンド(約230g/6枚切りの食パン4枚程)
  • 2cups whole milk
    →牛乳…2カップ
  • 4 large eggs
    →Lサイズの全卵…4つ
  • 3/4 cup granulated sugar
    →グラニュー糖…3/4カップ
  • 1+1/2 cup raisins
    →レーズン…1+1/2カップ
  • 1/2 cup heavy cream
    →ヘビークリーム(乳脂肪36%以上の生クリーム)…1/2カップ
  • 1 teaspoon ground cinnamon
    →粉末状のシナモン…小さじ1
  • 1 teaspoon rosewater or vanilla extract
    →バラ香水もしくはバニラエッセンス…小さじ1
  • 4 tablespoons or 1/2 stick unsalted butter, cut into small pieces, plus more for buttering the dish
    →無塩バター(小さく切っておく)…大さじ4+焼くときに皿に塗る分

 

アメリカの単位

この本を読む上で一番難しかったのは、単位です。

日本で何不自由なく使っているcm、ml、g、cc、℃などは、この本で一切使われていません!その代わりに使われているのはinch、oz、lb、°F…など、アメリカ独特の単位。

とーっても分かりづらいので、今回出てくるものを分かりやすく換算しておきましょう。

 

  • 1/2 pound…約230g
  • 1/2 ~1 inc…2.5cm前後
  • teaspoon…小さじ
  • tablespoon…大さじ
  • 300°F…150℃
  • 350°F…180℃
  • 2 quart…約2リットル

 

ちなみにこの本のp.123に換算表が載っているのでご安心を!

 

単語の説明

料理をする上で、日本では聞きなれない食材や道具などが頻繁に出てきますので、ここでは見慣れない単語の説明と、今回は何で代用したかをご説明します。

 

 

もしこのような容器がなければ、液体が入る程度のグラタン皿などでも良さそうです。
※リンクをクリックすると、画像が見られますよ。

 

 

 

 

Bread Puddingの作り方

作り方を簡単にご説明!

 

  1. 180℃にオーブンを熱する。
  2. 焼き皿にバターを塗って置いておく。
  3. サイコロ状に切ったパンをカリカリに焼いておく。
  4. パンを牛乳の液体がなくなるまで浸す。
  5. バター以外の材料を混ぜる。
  6. 容器に流し込み、バターを細かく切って落とす。
  7. 液体が浸みこむように、20分程そのままにしておく。
  8. パンに串を刺して半生にならなくなるまで、45~60分焼く。
  9. 冷蔵庫でしっかり冷やす。(少なくとも15~20分)

 

※詳しい作り方は本書をご覧ください。

 

Bread Puddingの感想

とっても簡単でした!

パンを切って、牛乳に浸して、たまご液をかけて焼くだけ。しかもこのたまご液、とっても良い香りで、癒されます。作っている途中で少し舐めてみたのですが悶絶でした。

焼いている最中は、想像以上に膨らんでビックリ!写真の3倍以上の高さにはなります(笑)。

食パンにただ液体をかけただけなのに、これが魔法みたいでちょっと嬉しい。でも、形が持続するするわけではなく、加熱中だけなのがちょっとさみしいのですが…。

味は最高に美味しかったです。とっても好み!

固い耳の部分がサクサクしますし、レーズンも液体にしっかり浸すので味が全体と馴染んでいます。しっかりと冷やした分、全体がまとまって切り分けもしやすいので、一口大に切り、可愛い箱に入れて手土産にしてもグッドです♪

これはオススメ!作り方も材料も手間がかからないので、試してみる価値ありですよ♪

 

★『ハミルトン』の歌詞解説はこちらから。

★ニューヨークの旅行日誌はこちらから。