★やってみた★ミュージカル歌詞内のあれこれ♪

ミュージカルの英語歌詞内に書かれているあれこれを、実際に試して記事にしています。書かれていることを試すことで、ミュージカルへの愛着や理解度がぐっと深まりますよ。気になるという方は、是非チャレンジしてみて下さいね★

ハミルトンも食べていた?(9)Fried Sausages and Applesを味わおう!

ミュージカル『ハミルトン』の虜になった方は、この日本でどれくらいいらっしゃるでしょうか?日本で公演がされていない分、恋い焦がれて、想いが募って、禁断症状が出ている方も少なくないでしょう。

何を隠そう、私もその1人です(笑)。

そんな私はつい最近、自分にとって最高の本を見つけました。ハミルトンが生きた時代にどんな料理が食べられていたのかが、100ページ強でまとめられている本です。

この本を見つけた時は衝撃が走りました!

ミュージカル『ハミルトン』に夢中になり、ハミルトンのことならば何でも知りたいこの私は、料理が好きで、食べることも大好きなのです。

これは作って食べてみるしかないっ!ということで、 今回はFried Sausages and Apples(ソーセージとりんご焼き)をご紹介しますよ。

 

目次:

f:id:love-performing-arts:20180509230046j:plain

"THE HAMILTON Cookbook ~Cooking, Eating & Entertaining in Hamilton's World"

この本は第1~6章構成で、ハミルトンやアメリカの歴史、料理の歴史、そして22種のレシピが掲載されています。

全ページ英語の本ですが、『ハミルトン』好きの方には是非オススメしたい1冊です。

 

第6章、"Original & Adapted Recipes(オリジナル&改作レシピ)"では、8つのジャンルに分けてレシピを紹介しています。

 

  1. Breakfast & Breads(朝食とパン)
  2. Soups(スープ)
  3. Fish & Seafood(魚とシーフード)
  4. Meats(肉)
  5. Vegetables(野菜)
  6. Salad(サラダ)
  7. Sweets(スイーツ)
  8. Beverages(ドリンク)

 

今回は、4. Meats より、"Fried Sausages and Apples"をご紹介しますよ。

 

Fried Sausages and Apples(ソーセージとりんご焼き)

難易度:★☆☆
味:★★☆
※いずれも個人的見解

ソーセージとりんごの組み合わせってどんな料理なんでしょう…日本ではあまり馴染みのない組み合わせではないでしょうか?

 

This dish is great for a weeknight dinner; it is quick to prepare and uses just one pan. It makes a full mealo with just a salad and a loaf of bread. 
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.87)

 

平日の夕食として最適な料理。準備が簡単で1つのフライパンしか使わず、あとはサラダとパンを用意すれば夕飯になると説明されています。この料理の名前の通り、とても簡単そうですね!

 

レシピの紹介

このレシピはオリジナルではなく、次の改作だそうです。

 

Adapted from "Fried Sausages", Hannah Glasse, The Art of Cookery Made Plain and Easy.
The Hamilton Cookbook: Cooking, Eating, and Entertaining in Hamilton's World HAMILTON CKBK [ Laura Kumin ](p.87)

 

Hannah Glasse(ハンナ・グラッセ)著、"The Art of Cookery Made Plain and Easy(シンプルで簡単な調理法の芸術)"の中の"Fried Sausages(焼きソーセージ)"より…とあります。

恐らくこの本ではないでしょうか。

 

 

材料

"Serves 2 (as a main dish)"とあったので、以下の材料で2人分のメインディッシュが出来上がります。

 

 

それでは1つずつ説明していきます。

 

  • 1/2 to 3/4 pound thick country or other similarly spiced chicken, turkey or pork sausage (about 1-inch in diameter)
    →スパイスされたチキン、七面鳥、もしくはソーセージ(直径2.5cm)…227.5g~341g
  • 4 to 6 apples, prefrably of mixed varieties, peeled and quartered. Any apples that keep their shape will work. (e.g., Granny Smith, Yellow and Red Delicious, and Fuji) Quarter, and thinly slice half of the quartered apples.
    →りんご(似ても型崩れしないもの。例えばGranny Smith、Yellow and Red Deliciou、ふじなどが良い)…4~6個(皮をむき、4等分に切る。半分はさらに4等分に、もう半分は薄切りに。)

  

アメリカの単位

この本を読む上で一番難しかったのは、単位です。

日本で何不自由なく使っているcm、ml、g、cc、℃などは、この本で一切使われていません!その代わりに使われているのはinch、oz、lb、°F…など、アメリカ独特の単位。

とーっても分かりづらいので、今回出てくるものを分かりやすく換算しておきましょう。

 

  • 1/2 to 3/4 pound…227.5g~341g
  • 1-inch…2.54cm

 

ちなみにこの本のp.123に換算表が載っているのでご安心を!

 

Fried Sausages and Applesの作り方

作り方を簡単にご説明!

 

  1. 大きなフライパンに、中~強火でソーセージを焼き始める。
  2. ソーセージから肉汁が出始めたら、薄切りにしたりんごのスライスを入れる。
  3. ソーセージとりんごを裏返して、両面に焼き目をつける。
  4. りんごが茶色になってきたら、残りのりんごを入れ時々混ぜる。
  5. 2~3分後、フタをして数分置き、りんごを柔らかくする。
  6. フタを外し、ソーセージに完全に火が通るまで10~15分程火にかける。(生焼けが心配であれば、縦半分に切り、平らな面を下にしてさらに3~5分焼く。)
  7. 薄切りにしたりんごの形が崩れてソースになり、4等分したりんごが形を残した状態になったら火を止める。
  8. 大皿の中心にソーセージを置き、その周りをりんごで飾って完成。

 

※詳しい作り方は本書をご覧ください。

 

Fried Sausages and Applesの感想

あー、なるほど!

りんごを使う意味が分かりました。今回私はブラックペッパー入りのソーセージを使いましたが、この塩気やブラックペッパーのピリっとした感じを上手くまとめあげるのがりんごですね。良い役目を担っています。

りんごは惜しまずにたっぷり使った方が良いでしょう。そうでないと、りんごソースが作れません。私が作った時は少し分量が足りなかったようで、なかなかソースになりませんでした。もっとりんごがトロッとなるのが理想的です。

それにしても簡単で早かった!どの肉よりもソーセージがお手軽で美味しくできるので、頂きもののりんごがあったり、いつもと違った夕飯を食べたい時には作ってみて下さいね。

 

★『ハミルトン』の歌詞解説はこちらから。

★ニューヨークの旅行日誌はこちらから。