やってみた!ミュージカル歌詞内のあれこれ

体感することで生まれる感動と発見は、あなたをミュージカルのより深い世界へ誘います…

ミュージカル『キャッツ』好きなら、絶対に読んでおきたい絵本

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』。その原作がThomas Stearns Eliot(T.S.エリオット)の“The Old Possum's Book of Practical Cats(キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法)”だということは、皆さまご存知のことでしょう。

そして、皆さんがご存知なのは、文庫本の、挿絵がところどころに描かれた、キャッツシアターの売店でも売っているあの本です。

しかし、それとは別に『袋鼠親爺の手練猫名簿』という絵本があるのをご存知でしたか?

この本を読んでみると「そうそう、これこれ!」と言わざるを得ない、見事な訳の数々を見ることができます。是非読んでいただきたいこの1冊をご紹介します。

目次:

この本との出会い

この絵本と出会ったのは、ほんの偶然でした。

いわゆる文庫本「ポッサムおじさんの~」を借りに図書館へ行ったところ、目に入ったのがこの絵本だったのです。題名はまるで違うものの、T.S.エリオットだし、「ポサム」とか「猫」とか、多分同じ作品だよな…と。それで借りてみたんですよね。

最初の率直な感想は「なにこれ…??」。

正直、苦手なタイプの訳だったので、その時はざっとしか読みませんでした。何というか、原文に忠実になりたいのは分かるけれど、内容がまるで入ってこなかったんですよね。それですぐに返却しました。

そもそも、この中国語のようなタイトルが嫌だでした(苦笑)。何と読むか分からないし、ふりがなを追って「ポサムおやじのてれんねこめいぼ」と読めたところで、全然ピンと来ない(涙)!

しかし、それから2年程経って、もう一度読んでみることにしたんですよね。そうすると…「あ、この訳すごいかも」と素直に思えるようになったんです。

恐らく『キャッツ(CATS)』に関する数々の記事を書いていく中で発見した情報と、この絵本との訳がリンクしたことで、やっとこの絵本のすごさを体得できたのだと思います。

 

何がすごいか

翻訳も韻を踏んでいる

一度は読むのも嫌だったこの本の何をすごいと感じたのか。それは「驚くほど原作に忠実であること」です。“The Old Possum's Book of Practical Cats”は全てが詩で構成されている本ですが、英語の詩は「韻(いん)」を踏んでいます。(この詩に限らず、英語の詩というのは基本的に韻を踏んでいます。)

そこを忠実に再現するため、日本語訳でも「韻」を踏んだ訳し方にしています。こういったところから、言葉遊びやリズム感を感じ取って頂けるはずです。

 

猫の名前の訳し方

次にすごいのは、猫の名前までも訳してしまっているということです。例えば“The Old Possum's Book of Practical Cats(キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法)”ではそれぞれの猫の名前は次のように訳されています。

 

  • Rum Tum Tugger…ラム・タム・タガー
  • Mr.Mistoffelees…ミストフェリーズ
  • Bustopher Jones…バストファージョーンズ

 

 しかし、この絵本では違います。

 

  • Rum Tum Tugger…ヘンテコヘントラ
  • Mr.Mistoffelees…カスミトフェレス氏
  • Bustopher Jones…ドアデブタン・ジョウンズ

 

…で、恐らく私同様、愛着のある聞き慣れた名前が好きな方は言うはずです。「何だ、この訳は!名前まで変える必要がどこにある!?これではもはや、どれがどの猫か分からない!もう読まない!」と。

しかしこの訳し方こそが、T.S.エリオットの原文通りの詩を読んでいる感覚に近いのです。

例えばタガー。彼の名前は“tiger(トラ)”をもじった名前になっていて、アマノジャクなキャラクターなので「ヘンテコヘントラ」になっています。

ミストフェリーズの場合、“mist”は「霧(きり)や霞(かすみ)」という意味です。名前の由来が「メフィストフェレス」から来ていることもあり、「カスミトフェレス」という訳になっているわけです。つまり、この作品を研究しつくした上での訳だということが分かります。

 

 

 

題名の意味

とにかく忠実なこの訳は、作品の題名も忠実に訳しています。原題は“The Old Possum's Book of Practical Cats”で、このOld Possumというのは「年老いたPossum(ポッサム)」という意味になります。

ですから文庫本版では「ポッサムおじさん」と訳され、題名は分かりやすく『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』となっています。

一方、この絵本の場合は“Old Possum”の部分が「袋鼠親爺」と漢字で書かれ「ポサムおやじ」と読ませています。読み方については「ポッサムおじさん」とさして変わりないので、漢字に注目しましょう。

私は始め、全く意味がわかりませんでした。当て字にしても遠すぎるし、袋のネズミとは何なのかもさっぱり…。

しかしそうこうしていたら、なんとpossumという単語が存在し、その意味が「フクロネズミ」ということが分かったんです。それでOld Possumを「袋鼠(ふくろねずみ=ポッサム)親爺」と訳しているんですね。

ちなみに、Old PossumとはT.S.エリオットのニックネームだったそうですよ。

 

名前を比較してみよう

目次を見て見ると、どれもこれも見たことのない名前ばかりでしたが、それぞれの名前の由来を知ると、ピンとくるものがあるはずです。是非一度、この絵本を読んでみてくださいね。

 

 

ちなみにグリドルボーンは「アブリボーネ譲」と書かれています。その理由はこの記事を読めばきっと分かるはずです…。