★やってみた★ミュージカル歌詞内のあれこれ♪

ミュージカルの英語歌詞内に書かれているあれこれを、実際に試して記事にしています。書かれていることを試すことで、ミュージカルへの愛着や理解度がぐっと深まりますよ。気になるという方は、是非チャレンジしてみて下さいね★

ニューヨーク旅行で食べた、往復の機内食の内容

今回のニューヨーク旅行は、羽田からJFK国際空港へ直行でANAで行きました。

ここまでの長旅は久しぶりとあって、機内食もとても楽しみにしていました。

往復でどんな機内食を食べたか、ここでご紹介していきますよ!

 

目次

f:id:love-performing-arts:20180322150516j:plain

 

機内食が出る時間帯

まず、12時間のフライトで、いつ頃どんな機内食が出るのかが疑問でした。そんな風に思っていたところ、座席に機内食メニューが…!これは有難い。早速開いてみると、こんなことが書かれていました。

f:id:love-performing-arts:20180322150703j:plain

 

非常に親切ですねぇ…、そして分かりやすい。アメリカ本土へのフライトの場合、次のような順番で食事が提供されます。

  • 離陸30分後:ドリンク
  • 離陸1時間後:食事
  • セルフサービス
  • 着陸2時間前:食事

しかし実際は、もっと提供された内容が多かったです。ここに記載されてはいませんが、このような感じでした。(正確な時間は覚えておらずすみません…)

  • 離陸30分後:ミネラルウォーター(ペットボトル)、ドリンクとおつまみ
  • 離陸1時間後:食事とハーゲンダッツのバニラ、ドリンク、食後の温かい飲み物
  • セルフサービス(就寝時間帯)
  • 夜食(往路:デニッシュ、復路:サンドイッチ)
  • ドリンク、キャンディー
  • 着陸2時間前:食事とハーゲンダッツのバニラ、ドリンク、食後の温かい飲み物

これでエコノミークラスの食事内容ですから、個人的にはもう十分満足です!それでは詳細を1つずつ見ていきましょう

 

往路:羽田→JFK機内食1回目)

離陸してから30分後、まず最初に、ミネラルウォーターが出てきました。これは非常に有難いですね。機内が乾燥しているのでちょこちょこ飲むのも良し、現地に着いてから携帯しておくのも良し。

そしてその後に好きなドリンクをお願いできます。

ドリンクと言ってもその種類はとても豊富で、ソフトドリンク、アルコール共に充実しています。

本当はアルコールを飲みたいところですが、まだ寒い日だったので、私は早速「野菜だしスープ」を頼むことに。体が冷えずに、良いですね。

おつまみとは小さなおせんべいやナッツが入ったもので、味ごのみのようなものでした。こういう袋に入っているものは、ホテルでのおやつに重宝するので、行きはペットボトルのミネラルウォーターもおつまみも、食べずに残しておきました。

f:id:love-performing-arts:20180322152057j:plain

f:id:love-performing-arts:20180322152106j:plain

 

 

そしてスープを味わっていたら、食事に。定番の“Beef or Chicken?”ではなく、「日本食か洋食か」が選べました。

私は海外旅行をする時、必ず日本食は絶つことにしているので、全ての機内食を洋食にしています(笑)。(野菜だしスープが洋食かどうかはとっても微妙なところですが…)

洋食は見ての通り、デミグラス系のソースにペンネ。温野菜もサラダもあって美味しかったです。おかずには、ごぼうサラダとハム、枝豆に切干大根、そして太巻きが入っていました。洋食の場合はパンとバターが付いていましたが、それよりも嬉しかったのはクラッカーとKiri!チーズ好きの私には嬉しいです。また、夕張メロンラングドシャもあって、デザートまで抜群!…と思っていた後になんと1人1カップのハーゲンダッツ!!これは興奮できずにはいられませんでした。

せっかくなので、ラングドシャにアイスを付けて頂いたりしましたよ。はぁ、幸せ♪

ちなみに日本食の方はカツ丼で、とっても美味しそうでした。白米の上にふわふわ卵、そしてお新香が付いていましたよ!

 

往路:羽田→JFK機内食2回目)

さて、そろそろニューヨークに着くよ…という頃に、朝食の時間が。朝出ているので朝食…というのも変な気分なのですが、現地時間では7時くらいでした。

こちらも日本食と洋食とがあり、私は洋食に。ポーチドエッグ、ソーセージ、ポテトフライ、パンケーキでした。とても彩り豊かで目で見るだけで楽しく、何から食べようかなと悩むくらいです。パンケーキはもっと薄いものを想像していたのですが、なかなかの厚みがありました。何もかかっていなかったので、バターを付けてから切り開くと…

なんと、中からメープルシロップが!これは嬉しい誤算です(笑)。

とっても甘くて優しいお味のメープルシロップが入っていたから厚みがあったんですね。確かに、この方法ならば乾燥しないし、とろっとした状態で食べられるから良い!つい、「頭いいなぁ~」と口に出してしまいそうなくらいでした。

デザートにはヨーグルトと、リンゴ、キウイ、パイナップルのフルーツです。とっても健康的ですね。

ちなみに和食は3色ごはん!もはや懐かしく思える彩の良さです。

 

ちなみに往路で出たおつまみと夜食のデニッシュは、後日ホテル内で美味しく頂きました。デニッシュはりんごが入っていて、朝食にピッタリでしたよ!

f:id:love-performing-arts:20180322153934j:plain

 

 

 

復路:JFK→羽田(機内食1回目)

楽しいニューヨーク旅行が終わって、いざ日本へ!

ドリンクはアメリカを最後まで堪能するために、7UPを(笑)。甘い炭酸が喉を潤してくれました。

さて、往路道路、ミネラルウォーターとおつまみも頂きました。おつまみは持ち帰ったのですが、復路は往路ほど眠れなかったのもあり、喉に乾燥を感じてミネラルウォーターは飲みきってしまいました。

さて、食事の方はと言いますと...洋食は海鮮グラタンでした。写真にうどんのように見えるものはイカ、他には小ぶりなホタテが入っていましたよ。

おかずには、ハム、マヨネーズで和えたサラダ、パプリカ、オリーブ、だし巻き玉子、切干大根、枝豆。それから面白い事にそうめんがもありましたね。洋食の言えども、ちらほら日本食が入っていたのはANAの心配りなのでしょう!

ちなみにハーゲンダッツのバニラですが、帰りの方がデカかった(笑)

というのも、行きは日本で作った機内食、帰りはアメリカで作った機内食なので、ハーゲンダッツもそれぞれ購入した土地が違うという訳です。

フタを開けるとプラスチックのスプーンが付いているのですが、これがなかなかの優れもの。アイスが食べやすい形状になっていて、日本のハーゲンダッツにもつけて欲しい位でした。

相棒もこの時は同じものを頼んだので、日本食はどんなものか分からず...。

ちなみにサンドイッチがお夜食で、少し濃いめの味付けが美味しかったです。

 

復路:JFK→羽田(機内食2回目)

さて、間もなく東京に着きます...機内食もいよいよ最後...!頼んだのは、白身魚のフライです。

ザ・洋食、むしろアメリカン?というくらい、魚よりもポテトの存在感が強めでした(笑)白身魚のフライの下に、フライドポテトと温野菜。良い感じに味も馴染んでいましたよ。

デザートにはメロンといちごのヨーグルト。嬉しいですねー。

一方の日本食はというと、カレーでした。普通に美味しそうなので、目移りしちゃいますね!

以上が機内食のまとめです!ニューヨーク旅行時は、是非機内食も楽しんで下さいね。

 

おまけ

各席のテレビモニター右下には、充電が出来るコンセントが!これは大変有難かったです…。ずっとスマホの充電をさせていただいてましたよ。

f:id:love-performing-arts:20180323162717j:plain

 

今回の旅行については、こちらの記事でまとめています。是非併せてご覧くださいね♪