やってみた!ミュージカル歌詞内のあれこれ

体感することで生まれる感動と発見は、あなたをミュージカルのより深い世界へ誘います…

飲んでみた!ドレミの歌で歌われている紅茶の愉しみ方 ①紅茶の紹介

今回チャレンジするのは、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)』より“Do-Re-Mi(ドレミの歌)”の1シーン。音楽の「お」の字も知らないトラップ家7人の子どもたちに、マリアが優しく楽しく音楽の「いろは」を教えていきます。

「シ」の音は英語歌詞で「Ti(ティ)」と発音され、“Ti, a drink with jam and bread(ティはジャムとパン一緒に愉しむ飲み物)”とマリアにに説明されています。

…というわけで「紅茶+ジャム+パン」のひとときを、全てオーストリア産の製品で愉しんでみることにしました。今回は紅茶について紹介しますよ。

まず、英語版「ドレミの歌」の解説は次の記事をご覧ください。

 

目次:

f:id:love-performing-arts:20181227114544j:plain

 

Tea:DEMMERS TEEHAUS(デンメア・ティーハウス)

オーストリアの紅茶というと、「デンメア・ティーハウス(DEMMERS TEEHAUS)」が有名だそうです。その歴史を見てみると次のようにありました。

 

デンメア(DEMMERS TEEHAUS)は、1981年創業者アンドリュー・デンメアによりウィーンで創設された比較的新しいお茶のブランドです。ベートーベンハウスやウィーン大学にほど近いウィーンの中心部に創設されたデンメアは、すぐにウィーンの紅茶通が集う彼らのお気に入りの場所になりました。小さな店舗一つから始められたデンメアは、ウィンナー・コーヒーに代表されるコーヒーの街だったウィーンで、今日まで大成功を収めて来ました。
ウィーンの紅茶商 デンメアティーハウスについて

 

確かに、オーストリアと聞いて「紅茶」をイメージすることはあまりないかもしれません。コーヒー文化の中の成功はきっと大きかったことでしょう。

 

ザッハトルテで有名なウィーンの最高級ホテル、ホテルザッハのカフェで提供される紅茶をご存知でしょうか?ザッハ・オリジナルとして販売されているフレーバードティーはデンメアのブレンドによるものです。
ウィーンの紅茶商 デンメアティーハウスについて

 

ザッハトルテって、聞いたことある…チョコレートがケーキ全面にかかっている、しっとりしたあのケーキ!

ザッハトルテは「ホテルザッハ(Hotel Sacher)」のケーキだからそう呼ばれていたんですね。しかも、デンメア(DEMMERS TEEHAUS)がオリジナル・フレーバード・ティを出しているなんて…いつかこの2種の組み合わせも頂いてみたいものです。 

デンメアのオリジナルブレンドも、ホテルザッハの「ザッハブレンド」もどちらも試してみたい…!と思っていたところに、こんな商品があるのを発見しました。

 

味の感想

執筆中
 
 

ジャムとパンの紹介は、こちらの記事をご覧くださいね。