やってみた!ミュージカル歌詞内のあれこれ

体感することで生まれる感動と発見は、あなたをミュージカルのより深い世界へ誘います…

「ドレミの歌」で歌われている紅茶の愉しみ方②ジャムの紹介

今回チャレンジするのは、ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)』より“Do-Re-Mi(ドレミの歌)”の1シーン。

音楽の「お」の字も知らないトラップ家7人の子どもたちに、マリアが優しく楽しく音楽の「いろは」を教えていきます。 「シ」の音は英語歌詞で「Ti(ティ)」と発音され、“Ti, a drink with jam and bread(ティはジャムとパン一緒に愉しむ飲み物)”とマリアにに説明されています。

…というわけで「紅茶+ジャム+パン」のひとときを、全てオーストリア産の製品で愉しんでみることにしました。今回はジャムについて紹介しますよ。

まず、英語版「ドレミの歌」の解説は次の記事をご覧ください。

 

目次:

f:id:love-performing-arts:20190415121631j:plain

 

Jam:d'arbo(ダルボ)

オーストリアで名の知れているジャムは「d'arbo(ダルボ)」だそう。こちらもお初にお目にかかります…!このブランドの歴史・詳細は次の通りです。

 

1879年創業のファミリーカンパニーで、ジャム、ハチミツ、フルーツシロップを製造するオーストリア最大手の食品加工業者であり、それぞれの分野で国内のマーケットリーダーとなっています。
オーストリア・チロルのジャム・ダルボ|取り扱いブランド紹介|株式会社鈴商

 

ジャムだけでなく、ハチミツやシロップもあるんですね。フルーツに特化した企業といった印象です。

 

ダルボブランドに必ず付される“NATURREIN”の語句は、すべて天然素材を使用という意味です。フルーツ本来の味・香り・色を最良の物として表現するために開発された、独自の製法で生産されたジャムは期待を裏切りません。
オーストリア・チロルのジャム・ダルボ|取り扱いブランド紹介|株式会社鈴商

 

おぉ…これは期待できそうですね!

 

ウィーンの高級ホテル、ホテルザッハのザッハトルテに使われているアプリコットジャムはダルボ社製で、朝食等に供されるアプリコットジャムもダルボ社のものになります。
オーストリア・チロルのジャム・ダルボ|取り扱いブランド紹介|株式会社鈴商

 

またしても「ホテルザッハ(Hotel Sacher)」!図らずも、紅茶もジャムも、ホテルザッハで使用されているものを選択することになりました。自分でも驚き…!このホテルで使用されるということは、名誉だということが感じられます。

何やらお洒落なパッケージで、種類も豊富。迷うところですが、今回はホテルでも提供されているアプリコットジャムにしてみようと思います。

アプリコット、大好き!

 

 

味の感想

執筆中

 

 

紅茶とパンの紹介は、こちらの記事をご覧くださいね。