やってみた!ミュージカル歌詞内のあれこれ

体感することで生まれる感動と発見は、あなたをミュージカルのより深い世界へ誘います…

スキンブルシャンクス風の飲み方で紅茶を味わう②スコッチ

今回チャレンジするのは、ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Skimbleshanks:The Railway Cat(スキンブルシャンクス - 鉄道猫)”の1シーン。

彼は夜の見回りの時、あるものを飲んでいます。

それは「スコッチを1滴入れた紅茶」!

なんともイギリスらしくお洒落な飲み方なので、早速試してみることにしました。この記事では、代表的なスコッチ・ウィスキーを紹介します。

f:id:love-performing-arts:20181227114425j:plain

目次:

歌詞のおさらい

まず、スキンブルシャンクスが紅茶にスコッチを1滴垂らして飲んでいることが分かるフレーズは、次の記事からご覧ください。

 

スコッチ・ウィスキーとは?

私の一番好きなお酒はワインですが、父親がウィスキー好きで、その香りは私も子どもの頃から好きでした。

そんなウィスキーの中でも、今回取り上げるのはスコッチ・ウィスキー。まず種類を知ろうと調べてみたのですが…奥が深い。

私のような初心者には簡単に理解出来そうになかったので、今回は調べた中で最も分かりやすいと感じた次のブログを参考にさせて頂くことにします。

 

このブログの分かりやすいところは、スコッチを生産地域別に説明しているところです。地域別なら、その地域をイメージしながら楽しめますよね!もともとスキンブルシャンクスだって電車の中で飲んでいる訳ですから、地域を旅するような気分で試してみようと思います。

…という訳で、上記のサイトを元に、まずはスコッチの生産地域と代表的な銘柄を整理してみました。

 

6つの生産地域と代表的な銘柄

整理すると次のようになっています。

 

  1.  スペイサイド(Speyside)
     ・グレンリベット(The GLENLIVET)
     ・グレンフィディック(Glenfiddich)
     ・ザ・マッカラン(The MACALLAN
  2. ハイランド(Highland)
     ・クライヌリッシュ(CLYNELISH)
  3. ローランド(Lowland)
     ・オーヘントッシャンAUCHENTOSHAN
  4. アイラ(Islay
     ・アードベッグARdbEG
     ・ボウモアBOWMORE
     ・ラフロイグLAPHROAIG
  5. キャンベルタウン(Campbeltown)
     ・スプリングバンク(SPRINGBANK)
  6. アイランズ(Islands)
     ・ハイランドパーク(Highland Park
     ・タリスカー(TALISKER)
     ・スキャパ(SCAPA)

 

聞いたことのある銘柄はありましたか?

 

今回試す組み合わせ

今回は、これらの代表的な「スコッチ」と、代表的な「イギリス紅茶」を組み合わせてスキンブルシャンクスの飲み方を試してみようと思います。

イギリスの代表的な紅茶の種類についてはこちらの記事をご覧くださいね。

 

あ、ちなみに私は紅茶は飲み物の中で最も好きですが、お酒は強くありません。

ウィスキーも香りが好きなだけで、味はまだ得意ではないという…。それでも、このスキンブルシャンクスの飲み方を機に楽しめるようになれれば良いなと思っています!

そこで今回試した組み合わせは次の通りです。

 

  1. ハロッズ×グリンベット
  2. フォートナム&メイソン×グリンベット

 

何故この組み合わせになったかというと、いずれも店頭で手に入れやすかったから!それ以外はお店が近くになかったり、スコッチのミニボトルがなかったりしたからです。

他の組み合わせが気になる方は是非試してみてくださいね!